アクセスカウンタ

<<  2009年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


刺身包丁・・・

2009/04/30 01:13

先日ブログに書いた刺身包丁、本日で二度目の使用です。

昨日びんながマグロを引いてみました(^^)

でその後、横で嫁さんが「何これ!?」っと。
画像

刺身を切っただけなんですけどねぇ・・・(^-^; 
パリパリの鉄みたいです。 ダメだこりゃ。

ところでこの包丁、5分ほどで明るいオレンジ色の錆で覆われます。
無鍛錬軍刀によく似ています。

それに比べ刀は錆び難いですね。
記事へトラックバック / コメント


直綱作

2009/04/28 20:50
 研磨記録、古刀・石見国に、「直綱作」の太刀をUP致しました。
記事へトラックバック / コメント


石見国出羽(いづわ)の直綱

2009/04/27 22:22
 研磨記録に「直綱作」をUP予定です。
画像
記事へトラックバック / コメント


彩々

2009/04/24 01:31
 仕事柄、日々多数の御刀をみせていただく機会があります。
一々ブログに書かせて頂く訳では有りませんが、UPして差し支えの無い事や、特に印象に残った事などを書かせて頂いております。

そんな中、今週jも20振り弱の御刀を(鑑定刀などを除き)拝見致しました。

なかでも、鎌倉時代前期にも見える太刀(無銘)が特に興味をそそります・・・・。
おそらくはかなり時代の上がる品でしょう。

その他についてはまた機会があれば後日・・・・。


記事へトラックバック / コメント


21年4月19日入札鑑定

2009/04/19 23:36
本日は本部から先生がお越しになり、鑑定会が行われました。


一号 刀(太刀風)

二尺四寸ほど。 身幅尋常で反り深く(六分ほど)重ね厚めで中切っ先。
肩落ちや尖り、互の目丁子など複雑に交じる備前伝。 足は長くない。 
匂い口大変柔らかい。
乱れ移りが非常によく出ています。
出来は良いも、ぱっとみ大慶です。

 たしか何ヶ月か前の刀美に固山宗次が出ていた気がしたので(本部からの御刀なので)と言う浅はかな理由で固山宗次と入札。


二号 脇差

尺一寸ほどか。 重ね非常に薄く(一分弱か)身幅広く、先反り有り。 三つ棟。
表素剣、裏護摩箸。
刃寄り柾。
地荒れぎみ。
直刃。
帽子丸く、返り深い。倒れぎみ(減りの為か)

 少し大きめなので長谷部国信と入札。


三号 脇差

一尺七、八寸ほど。
身幅尋常(少し狭い印象)。
映り殆ど無い。
互の目、丁子、尖りを間を空けずに詰めて焼く。
帽子表丸。裏尖り気味。
表倶利伽羅、裏摩利支尊天の彫り。

 確かいつかの刀美に末備前能光が本部鑑定刀に出ていたのでと言う浅過ぎる理由で、長船能光と入札。


四号 刀

定寸ほどか。
反り少し深め(六分ほどか)、身幅尋常(少し狭く見える)。
濤乱で、元からと先からの刃がぶつかる。
全体に大変流れの良い焼刃。
匂い口深く明るい。
互の目丸く整う。
焼き出し殆ど無い。
表力強い龍、裏護摩箸に爪、梵字。
三品帽子。

 三品帽子で良い刃なので初代金道と入札。


五号 刀

大切っ先。 重ね厚。 重い。
色んな肌を交えつつも全体に詰み、多少ギラッと肌立ちぎみ。
地斑映りが全体に出る。
直刃調で腰少し湾れ。
少し逆足。 刃中よく働く。
帽子たるみ、表倒れ、裏一文字に焼き詰め。

 青江次直と入札



 能候
 当
 同然
 通り
 当同然


一号、やはり固山の匂い口とは違いました・・・。 何故第一印象に入れる事が出来ないのでしょうか・・・。
    大慶直胤と入札。

三号、これまた全く見えて居ない札でした・・・。

四号、これこそ本当に酷い札でした。
    一竿子忠綱と入札


 当
 当
 同然
 当
 当同然


一号 刀   荘司筑前大掾大慶藤直胤(花押) 文政四年五月日
二号 脇差 長谷部国重
三号 脇差 備前国住長船次郎左衛門尉藤原勝光 永正六年八月日
四号 刀   一竿子忠綱 彫同作 寶永二年二月日
五号 刀   無銘 青江(本阿弥光忠折紙)


私、今日の鑑定刀で100点を取れなければこのままではこの先望みは有りません・・・(>_<)

一号の地鉄と匂い口でなぜ固山と行ってしまうのか・・。
三号の彫りを本部からなので能光と・・・。
四号は論外・・。

精神修養が必要なようです(^-^;
画像


   
 







記事へトラックバック / コメント


御刀色々

2009/04/18 21:32
今週は、国宗、長光、国俊、信国等々を拝見しました。

また、本日は近江大掾忠廣の二尺五寸ほどの御刀、長船師光等を拝見。

近江大掾は、元幅広く元先の幅に開きが有り、肥前刀としては反り浅い姿。
匂い口大変深く明るく肥前独特の直刃です。
地鉄もよく整い地沸を敷き詰めた良刀でした。
佐賀県の昭和26年登録であり、それだけでも価値が有るなぁと思いました。

太刀銘で備州長船師光。 少しスリアゲですがおそらく定寸ほど有ったと思います。
腰反り気味で、上品な姿。
刃文は下半は刃中大変よく働く直刃調、上半はあまり出入りの大きくない互の目調。
全体に映り気が有り、応永頃の備前物独特の肌合いを呈しています。
山鳥毛風の合口打刀拵えが掛けられており、刀身を白鞘には入れず直接拵えに納められて居ました。
通常は刀身は白鞘に入れて保管するものなのですが、この様に拵えに刀身が入った状態と言うのは持った時にズッシリと重く、大変気持ちの良いものです。
また、特に薄く作られた鞘ですのでその感触は格別でした!
記事へトラックバック / コメント


錆身

2009/04/14 23:48
今日は正安年紀でフルネーム長銘の錆身太刀を拝見。
大変貴重な銘です。 おそらく銘も大丈夫でしょう。
ウブ茎で素晴らしい太刀姿でした。  
記事へトラックバック / コメント


柳刃包丁!

2009/04/10 23:19
ずっと欲しかった刺身包丁の左利き用をネットで購入しました(*^ー^)ノ
高い物は数万円!  ・・・んなもんは買えまへん。
7千円ほどの左用刺身包丁を購入しました(青紙)

包丁ってこんなに悪い造り込みなのか・・・・。
安かろう悪かろうと言う事か。
曲がっているし刃線はずれてるしムラもひどいし(T-T)
新品の包丁なのに研ぎ直しに30分掛かりました。 完全には直しませんでしたが。

しかし包丁について完全に素人ですので和包丁の刃先の構造が今一分らず・・。
届いた時は刃先に急刃を付けていたのですが、全部無くしちゃいました。
先ほどネットで見たら、和包丁も刃先に急刃を付けるんですねぇ(^-^;
でも、使う前は毎回研ぐので先の急刃無しでも良さそうです。
そもそもそれほど鋭い刃が付く鉄質では無さそうですけど(>_<)

左利き用の道具を初めて使ってのですが、ちょっと感動しました!
生まれてから今までずっと色々な道具類、右利き用を左で使っていましたが、ちゃんと左用に造られた物は大変具合が良いです(^O^)♪
記事へトラックバック / コメント


さぁ!

2009/04/03 00:34
やってまいりました新年度です! (ちょっと過ぎちゃいましたが・・。)
こういう仕事ですので新入社員が入ってくる訳でも無く、新年度だからと言って特段変わった所は無いのですが、区切りが有るのは気持ちの良い事です(^O^)♪

本日は年度の初めに相応しい名刀を拝見致しました。

備前の古いところ。
大磨り上げで金象嵌銘(花押無く詳細不明。暢達な書体に鑢目のしっかりとした本式の金象嵌です)。
今まで見たこの系統で、確実に最高の出来でした。
拝見した時は極めと特徴がいまひとつ合致しなかったのですが、先ほどから色々と調べて居ますと、なるほどよく極められているなぁ・・・っと感服致しました。 ・・・っと言っても作刀数が大変少ない刀工ですので資料も殆ど無いのですが・・。
作刀数少ない刀工と言われる中であえてこの個名に極めたのですから、江戸時代の鑑定家は(も)凄いなぁと感じます。
全国からどんどん名刀が集まるようなシステムでもなかったはずですが、日々かなりの数の御刀に触れ鑑識眼を磨かれていたのですね。(江戸には全国から大名が集まり名刀も集まりますが)

作刀数の少ない(在銘が少ない)刀工に極める場合、
「この出来ならば、あの刀工にこの様な出来が合っても然り」と言う事で、個名の極めを付ける事も有る訳ですが、本日拝見した御刀の極めはもっと確信的なのではないかと感じました。

御刀の出来はと言いますと、季節で言うと夏でも無く冬でもなく・・・。
匂い口優しく、派手で無く、しかし地味過ぎず。 まさに春、桜八分(九分)咲きと言った感じでしょうか。



”(徳)室温常忠”の折り紙は「古折り紙」と称され、現代に於いても特に重要視されています。


記事へトラックバック / コメント


<<  2009年4月のブログ記事  >> 

トップへ

京都 刀剣研磨 2009年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる