アクセスカウンタ

<<  2012年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


おたふく

2012/10/30 09:52
昨日おたふく槌をもらいました。
画像


とりあえず自分の使い易いバランスにダッーっと削る。
画像



今日気が付いたのですが、彫金台を使う様な仕事は下地研ぎ用の研ぎ舟の上で行えばいいんですね。
何年も何年も、鉄粉や鉄の削りカスの掃除に時間を割いて来たんですがなんでそんな事に気が付かないかね・・・。
記事へトラックバック / コメント


2012/10/28 00:57
さきほど角留めを彫っていたら子供が起きてしまい叱られました(; ;)
確かにこの時間にタガネはまずい。 
反省。
画像
記事へトラックバック / コメント


道具類ほか

2012/10/27 01:30
欲しい道具(含、砥石・仕事本)と絶対必要な道具を分けないかんね。
じゃないとずっと赤字に成る。


夕方歩いていたら「にいちゃんカメやるわっ」っと知らんおっさんに4,5センチの子亀を手渡された(裸で(カメ))。
ゼニガメってやつでしょうか。 
可愛いもんだ。
記事へトラックバック / コメント


手すりの角度が

2012/10/24 00:13
昨夜から家の階段の手すりの角度が異様に急角度に見える。
目が変わったのか。
昨日で終わると思っていたが今日も急角度だった。
何か劇的に出来る様にでもなったのかと期待したが、何も変わらず。
記事へトラックバック / コメント


土地が

2012/10/22 23:19
今日は3時間ほどダーっと飛ばして色々と勉強をさせて頂きに行きました。
普段からやっている事も本職のレベルは遥かに高い。
大変勉強になりました。 ありがとうございました。

帰りに少しホームセンターへ。
欲しい物が沢山有る!と嬉しがっていたが、聞いてみるとこれくらいの物は普通にホームセンターに置いて居る物だそうで・・。
京都は全然ダメ。 とにかく土地が無いのでひたすら品揃えが悪い。
画像
記事へトラックバック / コメント


平成24年 10月 京都支部刀剣入札鑑定

2012/10/21 23:07
午前中、お東さんへ。
度々書いてますが市内の有名な所にあまり行っておらず、この東本願寺も初めてです。

ちょっと、他のお寺とはスケールが違います・・。
床板の厚さ、凄いです。
何十本有るのか知りませんが巨木の柱、凄いです。 
この木目はケヤキですがこんな巨大ケヤキ柱がこんなに沢山・・・。
明治の建物だそうですが、本当に凄い。 
うちの田舎から伐り出した巨木が三十三間堂に使われていると言うお話は聞いた事がありますが、こちらでもやはり使われているのでしょうか・・。

さて、入札鑑定。


一号 刀

二尺二、三寸。 身幅少し狭い。 重ねは応永の雰囲気。 手持ち重い。ハバキ付近が極端に反り先は極浅い反り。
地錵よく付き地景も。 良い地鉄。 師光風の低い互の目。 足が刃先に抜ける部分多数(欠け出しと言う意味ではなく。刃先に達すると言う方が正しいですかね)。 細い二筋樋。両端に寄るので樋と樋の間が広く、樋先は七分ほど下がる。

備前風ですが造り込みや出来など色々な部分に少し違和感を覚える。  こう言う出来が有るかどうか全く知りませんが千子正真と入札。


二号 脇指

尺六寸ほど。 片切刃造り(表切刃、裏平身)。 切刃部に横手の有るタイプで刃三つ角が張る。なので裏の平身側は見慣れない人には異風に見えるかも。 切っ先はこのタイプにしては少し詰まる。
詰む鉄。 匂い口深く間の詰まる互の目。

一見親國の様ですがこの造り込みの親國だと彫りのイメージがある。 刃中の働きの中に匂いの付き方が逆転した箇所が多く、播磨大掾によく見る気がする。    播磨守忠國と入札。


三号 刀

二尺四寸台か。 ヒラヒラ。 鎬地強く柾。 直調湾れ。 匂い口深いが刃中に足は無い。少しばさける。 帽子の返り深く止めが固い。

造り込み等江戸新刀。 ばさけと返りから康継と少し迷うも兼重か。  足が無いので和泉守で。 和泉守兼重と入札。


四号 脇指

尺五寸程度。 幅広で大切っ先。 地錵よく付く。 平地中央付近全体に杢目が目立つ。 刃先までよく錵る。

大変よく出来た刀だと思う。 虎徹に入れたいが・・・彫りも無いし。 それだと多分外れるので伯耆守正幸と入札。


五号 大太刀

三尺くらい。幅広。反り深。大変重い。 色々複雑な互の目。 焼き幅広い。 刃中の働きは乏しい。
印象は古三原(出来は末風)。 それ以上時代が上がる事は無いでしょう。

古一文字で同然と言う声が聞こえてしまった・・・。 
困った・・・と言う事で、長船秀光と入札しておこう。



 時代違いイヤ
 イヤ
 当
 当
 能


一号は時代違いをやらかしてしまいました。 こうなってみると、この反りの異風さと、ぱっと見古く見える地刃から一発で当てないと全然ダメだった事が分かります。 研ぎ減りで足が刃先に達しているのだと思って一切全く思い浮かばなかった・・。    大慶直胤と入札。

二号。二札目で何故これに入れたのか全く覚えていない。 出羽大掾国路と入札。
三号。とりあえず点数をもらおうと心変わり。一文字と入札。

 当
 同然
 当
 当
 同然


一号 刀(太刀銘) 荘司筑前大掾大慶藤直胤(花押) 文政十二年仲春

二号 脇指      於大坂和泉守國貞作之

三号 刀       和泉守藤原兼重

四号 脇指      薩州正良 天明六年午二月

五号 太刀      備州住則包 建久三年十一月吉日

五号太刀は奉納刀だそうです。時代等はともかくよくぞこの健体で残っていてくれました!

画像
記事へトラックバック / コメント


切り取った

2012/10/20 19:34
昨日書きましたが刀剣美術の名刀鑑賞を切り取った。
重複分も有りそうな気がしますが一々調べる事は無理なのでひたすら切ったらこれだけありました。
画像


以前からファイルしていた分を出してみると結構な量です。
画像


全て全身押形ですし濃い解説ですし、大変素晴らしい資料です。
しかしこれをファイルしていてもガサガサ感が面倒で見辛く、場所を取る割りにあまり活用出来ないのが現実・・・。
こりゃデータ化した方がいいですね。
A3スキャンに入らないし自分で行うのは時間がかかるので業者に頼もう。
記事へトラックバック / コメント


久々に

2012/10/19 22:58
久々に「研磨記録」のページを更新しようと少し調べ物を・・。
刀剣美術巻頭の名刀鑑賞は全身押形なので、切り取ってファイルして居る方も多いと思います。
最近の名刀鑑賞はその為に切り取り線が付いてますね。
以前は付いていませんでしたのでカッターで全部切り取っていました。 
そう言えば切り取り線が付いてから一度も切り取ったことが無い。 せっかく付けてくれたのでまた切り取らないと。
で、調べ物をしようとファイルを出してきたら、楽しくてついつい色々見入ってしまい作業が進まず。。
画像
記事へトラックバック / コメント


相伝の

2012/10/16 00:52
新作刀の相州伝の窓明けをさせて頂いた。
視野が狭くなると、良い刀に研ぎ上げる事を目指さずに、上手い研ぎをする事を目的にしてしまいがちです。
上手い研ぎとは本来刀に合った研ぎな訳ですが、所謂テクニックに走ってしまうと言うやつですね。
しかし、刀に合った研ぎをするには高度なテクニックが必要な訳で、言いたい事を上手く説明出来ませんが・・・。
今日はその辺の所を大いに反省する結果と成った。(この刀についてはこうで有る事は先日来分かって居たが、今日実証された)


別件ですが、中古研ぎの派手な丁子。
そこそこ手を掛けて研いでは居るがやけに刀身全体の焼き頭がもりあがる。(谷の凹みが激しい)
これ研いだ研師がこんなにシャクッてこんなに凸凹にするかなぁ・・・?!
仔細に見るとフクレが複数有る。 
しかしこの下地にすれば全く同化する。


記事へトラックバック / コメント


砥石の日

2012/10/15 00:33
本日は10月14日。 
10・14の日、即ち「砥石の日」と言う事で、京都天然砥石組合主催の「砥石の日」のイベントが京都市勧業館(みやこめっせ)で行われましたので田中刀匠をお誘いし、行ってきました。
今年で第27回になる催しです。

画像

江州産、城州産、若州産の天然仕上げ砥石がずらりと並びます。

画像

こちらは主に菖蒲谷。

画像

こちらは刀の世界で内曇と呼ばれる砥石など。

画像

人造砥のコーナーも有り、大変興味深い品も。
田中刀匠もメーカーさんと色々話し込まれておりました。
最近PAの砥石を買ったのですが、こいつが使えればちょっと面白い。
しかし考えてみると、10年ほど前にこの原料の石は使った事が有る事を思い出しました。 確かあれは良い石でした。

欲しい天然砥石は多数ありましたが、数万円〜10万円程度しますので衝動買い出来るものでもなく、今日はとりあえず様子見と言う事で・・・。
砥石の良否は値段で決まる物ではありませんので高いから必ず良い石とは限りません。
10万円出しても20万円出しても使えない物は一切使い物に成りません。(特に刀剣用の場合、使える質の範囲が極めて狭いので)


今日は日差しも強くなく、気持ちのよい空気でしたので帰りは駅から歩いて帰宅。
画像

昔、京都の刀剣会で市内の寺社に残る刀剣の調査をしたそうですが、出るは出るは、相当数の刀剣類が眠って居たそうです。
この神社にも聞いてみましたら有りました。




記事へトラックバック / コメント


2012/10/14 01:40
今、岐阜県関市にて「刃物まつり」が開催中と言う事でちょっと行って来ました。
実は恥ずかしながら、こういう仕事をしておりますが、関市に行くのは初めでした。
関は刃物の町。 刃物まつりは町をあげての大きなイベントで、いくつかの会場に別れ開催されており、どの会場も本当に多くの人でにぎわっておりました!
その内の一つ、関鍛冶伝承館での公開鍛錬の様子。
画像

もの凄い人出です!

オーソドックスな感じで刀の勉強をしているとあまり出会わないかも知れませんが、美濃鍛冶の事を少し勉強していると「関七流」という言葉に出会います。
室町、或いは江戸時代、美濃には関七流と言われる七つの流派が有り、その元で製造から販売まで厳しく統制され行われて居たと言うものです。
七つの流派とは、奈良、得印、徳永、善定、室屋、蜂屋、良賢、三阿弥。
しかし、この関七流の元での統制された製造販売が本当に行われて居たか?と言う事は定かでは無いそうで、「美濃刀工名鑑」ではそれを否定する内容が書かれております。
(因みに、刀剣関連の書籍で漢字に読み仮名をうって居る物はめったに有りませんので、この七つの流派の事を、「なら、とくいん、とくえい、ぜんじょう、むろや、はちや、りょうけん、さんあみ」と覚えておりましたが、山本兼一の「黄金の太刀」の中に関七流の仮名がうって有る物を見た時驚きました。 「なら、えじるし、とくなが、よしさだ、むろや、よしたか、さんあみ」。 全然違うやん(泣)。 しかし刀の世界では善定は「ぜんじょう」と読みますし、どれが正しいのでしょうか。
「今更人に聞けない読み方が分からない漢字」が結構有ります。)
なんだか長くなりましたが、関鍛冶伝承館の一角にこれが掛かっておりました。
画像

これを見てちょっと感動。 時代等分かりませんが奈良派兼景、鍛冶の看板です。
関に来て居る・・・と実感した次第です。
そう言えば昔、京都のどこかの骨董屋さんで三品鍛冶の看板を見ましたが今思えばあれは絶対買っておかないといけませんでしたね・・・。





記事へトラックバック / コメント


全然ダメ

2012/10/11 02:04
昨夜、「良い事を思いついた」などと書きましたが全然ダメでした。
あんまり思いつきでつまらん事を書くのは止めよう。 恥ずかしいので・・。

DVD「MURAKUMOKAI Collection of Works 叢雲会 作品集」を久々に見ました。
撮影技術凄いです。
TVカメラ欲しいです!
以前NHKさんが取材に来てくれた時ハイビジョンカメラについて色々質問して教えて頂きましたが、ほんとに凄い性能ですね。
考えられないほど凄い性能で驚きました。 
実際刀身の撮れ方がもの凄かった。 
4秒くらいのカットに4時間ほど掛けて撮ってました。
どうせちょっとしか使われない事は分かってますのでディレクターズカットとして下さいと言いましたら「首が飛びます」と言うてはりました。 
昔は結構緩かったそうですが今はダメだそうです。
それにしてもTVカメラ欲しいです。
古刀在銘特重くらいの値段だそうですが・・(泣)
記事へトラックバック / コメント


− タイトルなし −

2012/10/10 02:19
ん?今、刀身撮影で良い事を思いついたんだが…
寝る時間が無くなるのでまた今度
記事へトラックバック / コメント


ファミリーヒストリー

2012/10/10 01:26
NHKでファミリーヒストリーと言う番組が始まっています。
毎回一人のタレント・有名人の家族の歴史を番組が調べると言うただそれだけの番組です。
見てみてください。
過去の放送はオンデマンドで。
NHKしかこういうの出来ないですよねぇ・・・。
俳優の永瀬正敏さんの回では番組の最後、家に伝わるも傷んでしまっている薩摩琵琶を修理し、大切に伝えて行きます・・・と言う終わり。
日々、「家に伝わった大切な品なので」と、錆びた刀の研磨をお預かりする自分と重なるものがありました。
色々なものを大切に思えば今の妙な社会も良くなりますね。 分かっちゃいますが改めてそう思わされる番組です。

記事へトラックバック / コメント


京都の

2012/10/08 22:56
ずっとブログのテストをしておりまして、ご迷惑をお掛け致しました。 テストは終了致しました。
当ブログと外部サイトとを完全自動で連動させようと色々いじっていたのですが、どうやらこのウェブリブログではサムネイルが表示されない様で、自動は諦めました。
散々試しましたが結局このウェブリブログに関しては完全手動が良い様です。 
ちょいめんどうなんですけど。 
機能の充実を願います。

テスト用に使用させて頂いた画像にある拵え、これは京都の有名寺院の向い、町屋のナガモチの中でずっと眠っていた刀です。

画像

画像

画像

画像

画像

柄のラインが少し歪になっておりますが、これは時代による変形で元来は刃方一文字に近い物と思われます。
中身は了戒。 一見派手に見える拵えですが、現物を手に取ると鞘は薄く柄は細く、拵え全体が繊細なラインで構成されており、雅びな拵えです。
記事へトラックバック / コメント


ブログテスト 正方形

2012/10/08 00:03
ブログリンク連携テスト 画像正方形
画像

741×741ピクセル
ブログリンク連携テスト 画像正方形
ブログリンク連携テスト 画像正方形
記事へトラックバック / コメント


ブログ機能等テスト中 縦横比近

2012/10/07 23:53
ブログテスト中 画像 縦横比率
画像


ブログテスト中 画像 縦横比率
ブログテスト中 画像 縦横比率
ブログテスト中 画像 縦横比率
ブログテスト中 画像 縦横比率
記事へトラックバック / コメント


ブログ機能テスト中 拵え

2012/10/07 23:21
ブログ機能等テスト中

拵え画像
画像

拵え全体画像
拵え全体画像
記事へトラックバック / コメント


ブログ機能テスト画像サイズ小

2012/10/06 22:11
ブログ機能テスト画像
画像
サイズ小
記事へトラックバック / コメント


機能テスト

2012/10/06 21:44
ブログ機能テスト中
画像
記事へトラックバック / コメント


テスト

2012/10/06 19:28
ブログ機能テスト中
記事へトラックバック / コメント


応永の

2012/10/05 00:39
研場にて尚光脇指(鎬造り)を拝見。
尚光は南北朝末期から応永頃の備前刀工です。
在銘稀有であまり知られていない刀工ですので資料も少なく、「康光・盛光の先輩格では有るが有名工の代作者的存在」と言う人だそうです。

刃文は焼きが高く華やかで、一般的な応永備前ほど腰が開かない。
地は応永杢だが正系の応永地鉄のさらに上を行くのではなかろうか。
細微な地錵を一面に敷き、繊細な地景で杢が構成される。
その地鉄の延長に、応永杢がそのまま刃中の働きとなり、美しく整った深い小錵の刃。
なんでしょうこの凄い脇指は・・・。
研磨の方も、特に下地など研師のエゴを抑えた素晴らしい研ぎ。

仕上げ研磨を拝見しながら応永備前の研磨による変化の可能性を探っていましたが、やはり本質を越える事は出来ないであろうと私なりに納得した。
(手の掛からない研磨で悪い方へはいくらでも変化しますが・・。)

良い物は良いから良いのであって・・・あぁ、この書き方で書いて行くと何パターンになってしまうのか・・。やめておこう。
とにかく、こう言う最上級の品はそうそう有る物では無い。
記事へトラックバック / コメント


棟焼きの 2

2012/10/02 23:37
昨日の記事に書いた棟に出る匂い口の無い焼きについてですが、研磨をして居ると色々な状態の物に出会います。
それが何なのかが一番良くわかるのは実作者ですので、いつも色々ご教授頂いている田中貞豊刀匠にお聞きしました。

画像

昨日UPした写真ですが、これについては焼きの形状などから判断して、焼き入れの時に出来た棟焼きを銅(あか)で取った物と言うよりは、反り調整のため棟に銅を咬ませた場合、その熱が焼き刃に達して匂い口が無くなってしまう事を防ぐため水を掛けますが、その時急冷し過ぎて軽く焼きが入った物の可能性が高いと言う事でした。
それによって出来る軽い焼きはこの写真の様に匂い口の無いもので、焼きの上下の端が遠浅の湖の様になだらかになる事が多いそうです。
なるほど、実際に日々作刀して居る刀匠からしかお聞きできない貴重なお話です。
大変勉強になりました。 ありがとうございました。

そして昨日の箇所はこうなりました。
画像

地艶工程の後、拭いをさした状態。
周りとほぼ同化して分かり難くなりました。 こうなる事は昨日の記事の最後の方に書いてありますが、通常の棟焼きならばここまで同化する事は稀です。
匂い口の有る無しで最終的には大きな違いになります。 


記事へトラックバック / コメント


棟焼きの

2012/10/02 00:49
先日、「棟の鑑賞」として書いた記事の中で、「刀工が反りの調整や不要な棟焼きを、焼いた銅で熱して消す事はよくありますが、入念に研磨された棟を鑑賞するとその痕跡を発見する事があります。匂い口は無くなっておりますが、黒く焼きの形が残り、微妙に凹凸が残った物がそれです。」と書きましたが、今研磨して居る刀にそれを発見しましたのでちょっと撮ってみました。
画像内曇時の棟焼きを鎬地側から見たところです。 内曇工程ですので鎬地はまだ鏡面状ではなく、結果棟焼きはくっきりと見えますが、銅(あかがね・あか)を咬ませ焼きは飛ばしておりますので匂い口は有りません。 この刀にはこういう状態の物が棟一面に有りました。

画像←もう少しアップで。
もっと完全に柔らかくなった場合はここまで黒く残りませんが、この程度に留めたものも多く、まま見かけます。
普通に匂い口の有る飛び焼きや棟焼きなどよりは硬度が低いため、針磨き後は見つけ難くなります。
因みに黄金は「こがね」、銀は「しろがね」、銅は「あかがね」、鉄は「くろがね」です。
記事へトラックバック / コメント


昨日の

2012/10/01 10:30
昨日書いたブログが画像や文字の配置が上手く表示されないかも知れません・・。
大分直しましたがHTMLやスタイルシートいじるの大変なのでこんなもんでご容赦下さい。
記事へトラックバック / コメント


レンズを

2012/10/01 02:11
私は全く詳しく無い事を前置きした上で書きますが、レンズ一つで全く違う写真になります(刀関係でカメラに大変詳しい方が沢山おられますので私みたいな者ががブログに書くのも恥ずかしいのですが・・・)。 
まぁ当り前なのですが、意外に知らない人も多く、私もこう言うのは苦手で全然覚えられません(泣)

古いペンタックスのフイルムカメラ(標準レンズ付き)とSIGMAの50mmマクロ(ペンタックス用)、タムロンの100-300(ペンタックス用)、ミノルタのフィルムカメラと70-210レンズ、Tokinaの超広角レンズ、以上6点とタムロンの90mmマクロを交換しました。
レンズは高くてなかなか手が出ないので、使えなくて眠って居る品と交換と言う事で誠に嬉しい!

私は本当にカメラテクはゼロなので露出とか色々触れませんし、ほぼカメラにおまかせであとはレンズの特性に頼るのみです。(ブログは携帯画像も多いですけど・・)

マクロでは何を撮りたいと具体的に無かったのですが、刀に使えるはずだとただただ思っていたのです。
で、ちょっと撮ってみましたが、んん・・・。 
画像

画像

いずれも中途半端で・・・。必要無かったかなぁ。
とりあえず動画で使える事を期待します。

過去にブログで使った写真だと、↓これなんかは望遠です。望遠と言っても大したレンズではないのでこんなしょぼい月ですが、これでもかなり苦労して撮りました(泣)

画像「今夜は」



















↓これらは広角。 広角じゃないとこういう感じは無理です。
画像 映りの画像2











画像
わずかな時間ですが



















画像
連休で


















画像障子を







画像
卒製















↓一番好きなのが50mmでF1.4の大変明るいレンズ。

画像「炎」












画像「砥石を」













レンズには明るさと言うのが有るんですが、私みたいに全くのカメラまかせでしか撮れない人は明るさが特に重要で、F1.4(この数値で明るさが変わる)と言う明るさが有れば、暗い場所でもパシャリと撮るだけで手振れの失敗や被写体の動きによる失敗が出難い。また、刀の地肌の写りもまったく変わります。
因みに、田中貞豊刀匠の動画もこのレンズで撮っています。
記事へトラックバック / コメント


<<  2012年10月のブログ記事  >> 

トップへ

京都 刀剣研磨 2012年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる