アクセスカウンタ

<<  2012年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


高杉晋作の薩摩拵 

2012/12/30 02:05
2006年のブログに高杉晋作の肖像写真について以下の様に書いた事が有りました。
「古写真は侍や刀や昔の町並みや昔の子供なんかが見られるので好きです。
この写真ですが、体に比べて大きな刀ですね。
厚みの有りそうな柄に鞘。
柄は片手巻きで目貫無し。小さな鐔。返っていない返り角(元写真でしか分かり難いです)。
典型的な薩摩拵えでは無いでしょうか。
長州藩士が薩摩拵え。 
この写真を撮った時期とか色々理由があるのでしょうね・・。
残念ながらこのへん私あまり詳しくなく分かりません。
詳しい方ならこの拵えの中身が何かとか色々分かるのでしょうね。」

つい先日、『戦国刀匠譚』著者の式部靜先生が御著書をおおくり下さり、その時「高杉晋作肖像に有る刀の中身を気にかけて居られたが、中身は「安芸国佐伯荘藤原貞安」の刀で有る」と言う内容を手紙で御教授頂き、その事が書かれた書籍のコピーまで添えて頂きました。

浅学故、私は全く知らなかったのですがこの事は幕末史がお好きな方なら有る程度知って居る事だそうです。
内容は土佐出身の田中光顕の維新風雲回顧録に書かれておりました。
驚いたのですが、私の郷里が少なからず関係して居る事です。
私は詳しく有りませんので間違った事を書いてしまうと大変ですし、掻い摘んで書きますと・・・。
田中光顕が大和十津川郷に潜伏中、同じく十津川に居た薩摩藩士梶原鉄之助の差していた刀が気に入りどうしても欲しかった。
梶原を拝み倒し、自分の佩刀と交換してもらった。
その後長州で高杉晋作と合い、その刀を見せたところ高杉が甚く気に入り是非欲しいと頼まれる。
田中は「十津川で苦労して手に入れた刀故・・・」と断るも断り切れず、弟子にしてくれるならばと言う条件で高杉に譲る。
後に高杉から京都の田中の元に、その刀を握るあの有名な写真が届いたのだそうです。

当時のあんな山奥でその様な事が有ったのか・・・と感慨深いものがあります。

2006年のブログにも書いて居ますが、写真で見ても少し違和感が有るくらい大きく見える拵えです。
薩摩藩士が持って居たと言う事でやはり薩摩拵ですね。
おどろいたのが、普通はこの手の拵えには新刀以降の物が入って居る事が多いのですが、安芸国佐伯荘藤原貞安は古刀です。
永禄六年八月吉日の年紀で長さは二尺六寸も有ったそうです。
改めて写真を見てみましたが、好きな拵えです。

式部先生には色々と御教授を頂きまして誠にありがとうございました。
記事へトラックバック / コメント


大刀輪郭

2012/12/27 15:54
画像

気合で大の方の茎と輪郭をとった。
記事へトラックバック / コメント


知らない事が多過ぎです(勉強不足で・・)

2012/12/27 01:01
年末は色々と用事が重なりますので大変です。
押形作業も進める事が出来ず・・。

昔ブログに書いた事のある内容で知りたかった事を思いもよらぬ形で知る事と成った。
その時代を好きな方はよくご存知の事で有ったようですが、私にとっては感慨の深い内容となりました。

また書きます。
記事へトラックバック / コメント


100均の

2012/12/25 01:22
クリスマスですよー♪

100円ショップでロウソクを買って、夕食以降はロウソクの明かりだけで過ごしました。
子供達もはしゃいでいました。 よかったよかった。

蝋燭って気持ちが落ち着きますね。
子供の頃を思い出すのかなぁ・・・。
うちの田舎、私が小さい頃はまだよく停電が有りました。
台風や大雨の時は当然ですが、至って平穏な日にも半日停電なんて事もありましたか・・。
そんな時、私らちびっこ達は大喜びですよ。
蝋燭の明かりで沢山の時間を過ごしました。 
でも今思えば、大人も結構楽しんでたかも知れませんね。

研場に蝋燭を移動。
押形の続きを。
画像

落ち着いた気分で集中出来、脇指は完成。
次は大刀。
大は直刃。
直刃も特長とその雰囲気を描き出す事が難しいのですが、さすがに乱れよりは早く仕上げる事が出来るでしょう。
このペースだと年内には出来そうです。



記事へトラックバック / コメント


久々に

2012/12/22 23:49
先日来久々の全身押形中。
大小を描きます。
画像
記事へトラックバック / コメント


肥前刀の事

2012/12/20 21:56
肥前刀の現存数は大変多いため研磨をさせて頂く機会も頻繁で、研磨記録にUPさせて頂いている他にも今まで数多くの研磨をさせて頂きました。
研磨をさせて頂く中で以前気付いたのですが、肥前刀に特に合う砥石と言うのが有るのです。
しかし肥前刀にしか使用しない”肥前刀専用砥石”として居る訳ではなく、普段も使用して居る普通の砥石なのですが、肥前刀に使用すると明らかに有効に作用してくれます。
それで以前読んだ刀美の古い記事を思い出し、開いてみました。

「刀剣美術第19号
 研磨技術研究座談会 時 昭和二十七年十月十一日 場所 国立博物館地階研磨場
 出席者 宮形光盧 犬塚徳太郎 霞俊夫 小野光敬 吉川賢太郎 藤代松雄」

”研磨技術研究座談会”の名の通り先生方の座談会記録形式の記事です。
ここで肥前刀研磨に関するお話が出てきますので以下に抜粋致します。

 
(以下、刀剣美術第19号記事引用・前略)

(宮形) では大阪新刀はこれ位にして次は肥前刀なんですが、私は肥前刀を研がしたらまず平島老人に及ぶ人がないと思っています。それは平島サンの研いだ肥前刀を見ると一眼で、ハハァこれは肥前刀だなと地鉄だけで判るのですよ。他の研いだ肥前刀はどんなに良く研いであっても、時に見損じることがあるが、平島さんの研いだ肥前刀は見損じない。不思議に思って息子サンに聞いてみたら、矢張り秘伝があるそうだ。

(小野) 初期の研師会で平島君から聞きましたよ。地艶を使い、ぬぐいを入れるこれは我々のやる普通の工程ですネ。ところが平島サンのはぬぐいを入れてから又地艶をかけるんだ。つまり我々の仕事を二度やる訳だネ。特別の地艶を持っていたと云うが、この地艶の固さ、厚さなどが平島氏独特のものなんでしょう。

(霞)  肥前刀らしい地鉄とはどう云う点にあるか、又肥前刀らしさはどう云うようによって出されると云うことです。

(宮形) 地鉄の色は青く冴えてみえるという事に研師は重きをおくが、平島氏の研ぎは青みがない、むしろ赤味をおびている。そして肥前の糠目肌が出ている。だから赤味がかって糠目肌の見えるのが肥前刀らしいのです。

(吉川) 併し平島サンの研ぎは国広や真改を研いでも共通していた様に思うが。

(小野) それは共通しているサ。平島サンとしては、別に肥前刀を特別に意識してやった訳ではなかろうが、その方法が一番肥前刀に適していた訳だな。

(後略・引用終わり)

私が感じて居る肥前刀に特に合う砥石とこの座談会の内容は工程も違いますし直接関係があるわけでは無いのですが似ている面が有り、凄く素直に入ってきます。
私は肥前刀に合う砥石と言う物を完全に活かしきれている訳では有りませんし道半ばと言うところですが、もっと経験を積めばより良い研磨も出来るかも知れませんね。
そして「砥石・研磨・肥前刀」、この関係もですが、”肥前刀そのもの”に興味が湧きますね。
「砥石が肥前刀を選ぶ」、これほどに顕著な特徴を持つ刀!。凄くないですか。(逆ですか?肥前刀が砥石を・・・?!)

さて、そしてまた思い出した事がありまして。。
3年前。2009年10月20日の記事
本部からの入札鑑定、5号刀に肥前刀の短刀(平脇?)が出ました。
見るからに肥前ですが、初代か二代かが分からず、ブログにも書いた通り「根拠は薄いが食い違い刃が有るので、武蔵大掾忠廣に」と言う事で入札。
結果答えは二代の近江大掾忠廣でハズレの同然となりました。

初代を研磨させて頂いたり普段拝見したりする経験上、食違い刃が多いイメージを持っていてこう言う入札をしたわけですが、重刀図譜を見ていてこの事に関係する記述がありました。
第49回重刀の肥前國忠吉の解説に忠吉が直刃を焼いた場合ほつれや食違い、二重刃などが現れる事を同工の手くせとして挙げています。
しかし近江大掾や他の肥前諸工にも食違い刃は有るわけで、根拠として薄い事にかわりは無さそうですが、一応初代の手くせと見ても良いようです。
この様にわざわざ書いてしまいましたが、もしも誌上鑑定のヒントの常套句だったりしたらすみません・・・。(誌上鑑定ほとんどやってなくて)




記事へトラックバック / コメント


無銘

2012/12/19 00:16
明るく錵付いてよく働く中直刃。 
完全な焼詰め帽子。
鎬の高い造り込み。
刃だけを見てたら当麻。
しかし地鉄は肥前。
忠吉は本当に上手い人ですねぇ。
やはりこの中鋒の延び方も決め手になるのでしょうか。
大和物で完全過ぎる焼き詰めも実はそれほど多く無いですし。。
大和本国でこの刃なら帽子は返る気がする。
記事へトラックバック / コメント


支部会員所蔵刀鑑賞会

2012/12/16 22:52
本日は京都支部刀剣会の毎年12月恒例、支部会員所蔵刀鑑賞会でした。
持ち寄る品は名刀でなくとも、珍刀・奇刀・掘り出し刀大歓迎と言う案内ですので私も”ややこしい”刀を四振り持って行きました。(とは言え案内ハガキは私が作らせて頂いておりまして、光芸出版の「珍刀 奇刀 掘出し刀」をまねただけですが)

まずはその前に5振りの一本入札。


 一号 刀
  少し大きい肌。直刃。末備前俗名無しの典型作。

  長船清光と入札。


 二号 刀
  身幅広く重ね尋常。 踏ん張り有り。 刃寄りが全体に流れる。 大変良い地鉄。 湾れに互の目。 明るく低い刃。 全体に整う。 南北朝期の刀に見える。

しかしこの地鉄は播磨守に違いなく、普段見る輝廣は短い物ばかりなのでちょつと怖いが、播磨守輝廣と入札。
因みにこの刀は大変良い研ぎに掛かっており、特に切先の研ぎが凄い。もっとゆっくり勉強をさせて頂きたい刀です。

 
 三号 刀
  新々刀。 

  固山宗次と入札。

 
 四号 短刀
  大変重ねの薄い菖蒲造り。
  表裏揃う刃。

  村正と入札。


 五号 太刀
  鎌倉。 古調で中期に見える。 
  直調で小丁子。 全体に映る。 物打付近錵る二重刃。 綺麗な帽子。
  広く深くチリが極めて細く、美しい樋。

  一般に手に取る刀でこの位の保存状態でこういう地鉄状態の刀は備前ではなく山城だと思います。
  小丁子の部分が以前研磨をさせて頂いた永仁長銘了戒にそっくりです。
 
  二字國俊の穏やかな手の物か。 二字國俊と入札。


  然
  当
  当
  当
  然

 一号 刀  長船祐定
 二号 刀  播磨守輝廣(長銘)
 三号 刀  固山宗次
 四号 短刀 □正(村正)
 五号 刀  折り返し銘 了戒(左字)


その後、会員の皆様の所蔵刀の鑑賞。
大変珍しい銘の小反り小太刀をはじめ様々な品を鑑賞させて頂きました。
私が持参の四振りも楽しんで頂けたと思います。
内容はちょっとここでは書く事は難しいほど”ややこしい”品ですのでお許し下さい。

画像

 
 


記事へトラックバック / コメント


全く使えん

2012/12/15 00:00
刀剣用と言う事なので2万円弱の人造砥石を買ったが全く使えん。
これは好みの問題ではなく使えない砥石だと思う。
痛すぎる。
記事へトラックバック / コメント


久々に研ぐ

2012/12/12 20:52
ここ数日、私含め家族が次々とダウン。 
とりあえずノロでは無いらしいが自力で歩けぬ状態でした。

今日は床机に座り砥石にむかう。
古研の刀。 
悪い錆があちこち出て居るので研ぎを行うのだが、もとの研ぎは上手い。
切っ先の肉置きも上手な人。
錆を除去しつつ各所の微修正を行う予定でしたが体調が万全ではないので前の研師に負けました(負ける前に止めた)。
予定を変更して他の状態不良の刀の埋めや寄せ。
体調が完全になってから古研ぎの刀に戻ります。
研ぎには完璧な体調が必要。
記事へトラックバック / コメント


久々に

2012/12/07 00:36
ちょっと難しい刀がやっと拭いまでたどり着いた。
難しい刀を試行錯誤する事は研磨技術を向上させてくれますね。

先日買ったPAの砥石は結局好みの質では無くほぼ新品でお蔵入りです。
その後ダメもとで買った荒めの砥石がこの辺りの番手では何年振りかの大ヒットですよ。
しかし経験上、人造砥って結構頻繁にマイナーチェンジしますし製造中止になる事もよくあります。
今のうちに買い溜めしたいのですが、最近だけで人造砥にかなりつぎ込んでしまったのでちょっと辛い・・。

今日、娘(3歳)にチューしたら「お父さんお顔臭い」って言われました。
画像

記事へトラックバック / コメント


色々と

2012/12/04 00:34
家の用事や支部のハガキ作りやらと用事が重なって立て込んでおりました。

先日、仕事場にて昭和後期の現代刀平脇指を拝見。
詳しい事はお聞きしない状態で抜きましたが、抜いた瞬間に「相州広光」と分かる出来。
研ぎはそれほど意識しているとは思えませんが、仕上がりは完全に広光の雰囲気。
色々とお話をさせて頂きました。
持つ人、作る人、こう言う気持ちであるべきだと感じました。 
研ぐ人も加わる事が出来れば幸せです。


デジタルフォトフレームとやらを買いに娘と京都駅へ・・。
土日は寒かった。
画像

画像

画像

もうすっかりクリスマスムードの京都駅。
色々と用事も有りお正月の帰省は出来ないので、実家へ何か送ってあげようかと思いデジフォトフレームに。
昔は高かったイメージですが最近は安価な品も多いみたいです。
母から「孫より息子の方が可愛いもんじゃよ」などと電話が有るもので、では私の写真をいっぱい入れておこうかとPC内を色々探しましたが、もっさいおっさんの写真なんぞそんなに撮って無いんですよ・・。
みんな子供達の写真です。
それでもなんとか探して子供達の写真に混ぜ込みました。
準備が出来たら送りましょう。


年内に仕上げたい刀と年内に書き上げたい全身押形が二振り。
こつこつ進めましょう。

記事へトラックバック / コメント


<<  2012年12月のブログ記事  >> 

トップへ

京都 刀剣研磨 2012年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる