アクセスカウンタ

<<  2013年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


どなたの作か

2013/01/31 23:09
我が家はインフルエンザで大変で、私も仕事と家の事でずっとバタバタでした。
そんな中ですが一つ嬉しい事がありまして。

画像

室町末期から桃山期の作。
どういう流派の作か、製作当時どう呼ばれていたか分かりませんが、今この手の鐔は「古金工」と分類されます。
写真では現物の色合いを写す事が出来ませんが、とても良い色。

以前拝見した事が有り惚れ込みましたが、私には一生持てないと思っておりました。
しかしこの度ご縁を頂き、私の元にやってきました。
本当に嬉しく、日々鐔箱の蓋を開けております。
画像

画像

切羽台に魚子タガネで妙な模様を打っておりますが、何でしょう?
古金工のこういう所が好きなんです。

同時に古い縁金具を頂戴しました。
画像

上が刃方。 この角度です!
分厚い金着切羽を入れたい。
何十年後か分かりませんが。



記事へトラックバック / コメント


八重の桜

2013/01/24 00:06
今年のNHK大河ドラマは「八重の桜(綾瀬はるかさん主演)」ですね。
幕末から昭和を生きた女性、新島八重のお話です。

この度、同志社大学の御用を勤めておられる京都の刀剣開陽堂様からの御依頼で、新島八重遺愛の御刀(同志社大学蔵)の研磨、そして以前研磨させて頂いていた同志社大学創立者、新島襄遺愛の御刀(同志社大学蔵)の修復研磨をさせて頂きました。

八重遺愛の御刀は複数有り、この度は研磨が必要と判断されるもの数振りを研がせて頂きました。
八重は新式銃を持ち刀を差して会津の地で戦ったわけですが、研磨させて頂いた御刀にもその勇壮な姿を髣髴とさせるものがありました。
中でも特に目を引いたのが、二尺五寸を越える大薙刀直し刀。 
堅牢長大で女性の佩刀とは思えないほどの御刀です。
そして研師として興味を引かれたのが「表 河内守藤原国助 造 笹丸雪 裏 慶安二年八月日 大脇勢兵衛尉正長望作之」、二尺三寸六分の御刀です。
 
画像

この種の銘は従来”初代河内守国助”として扱われて来たもので、同種の銘が昭和42年第16回重要刀剣審査でも”初代”として重要刀剣指定を受けています。
しかし後の重要刀剣図譜には、国助研究に於いて最も重要な文献資料となる大阪の竜海寺過去帳により、国助各代の歿年が明らかとなり、この銘は二代国助初期銘で有る事が察知される、と言う内容が記されています。
本刀の作風は詰んで精美な二代国助らしい地鉄に明るい刃を焼き、数箇所に二代らしい形の互の目を交えています。

ドラマの方はまだ始まったばかりですが、幕末〜のお話で私も馴染み安く、楽しみに見させて頂きたいと思います。
記事へトラックバック / コメント


コッパは

2013/01/22 01:25
先日買った10kgの某山曇り系コッパですが、今回の物は期待した研磨力では有りませんでした(通常は刀剣研磨に使用する山ではなく、私が勝手に刀剣への使用を試みただけです。刀剣用として販売されているコッパでもありません)。 
砥石自体を薄く磨り下ろす感触は上々です。 期待は消えていません

古い時代から”良い”とされる山が良い傾向に有るのは確かです。
でもねぇ、もっと可能性を探りたくなる訳です。 
刀に使用可能な砥石の質は全体から言えば極々狭く、上質の物はさらにその一部でしかない。
しかしその質の狭さの中にも支路を見出す事は可能です。
刀剣以外、道具としての刃物を天然砥で研ぐ人は、あらゆる方向から可能性を探る場合が多いようです。
私も柔軟に考えたい。
記事へトラックバック / コメント


恒例新年一本入札

2013/01/20 22:56
本日は京都支部新年最初の会。
恒例の一本入札です。
入札は一度きりですが答えは三つまで書いてもよしと言うサービス!


一号 太刀

二尺三、四寸か。 ほぼウブだと思う。 中反り。
良く詰んで位の高い地鉄。
小互の目小丁子など細かく働く。

山陽でしょうけど非常に難しい・・・。
照りの強い研磨ですが仔細に見れば底に地斑映りが見える。

 青江次弘、雲次と入札。


二号 太刀(刀か)

二尺三寸ほどか。 ウブだと思う。 反る。
整って美しい地鉄。
腰から中ほどは互の目、上に行き元重風に低い角互の目。

角互の目の角から地に向いツーッと尖る匂いが出ている部分が有るので藤島でいいと思いますが念のためもう一つ。

 藤島友重、出雲道永と入札。


三号 脇指(平身)

一尺一寸弱か。 浅く反る。 柾。 焼き詰め。

地刃共に冴え冴え。 凄い出来。
柾目ですが柾オンリーではなく詰んだ板目が多く有る。
仙台の地鉄とは違う様に思うが保昌は大振りが少ないイメージを持っており、入れ辛い。
大志津の包氏とは別の大和残留系包氏にこんなのは無いかな?
しかし踏ん張らず腹が少し目立つので保昌の雰囲気も強く見えて来てしまった・・・。

 仙台国包、手掻包氏と入札。


四号 短刀

一尺弱か。 ちょっとよく反る。 フクラ枯れぎみ。
表、素剣に爪、梵字。 裏護摩箸。
よく整った美しい地鉄。
湾れに互の目が入る。 乱れ込んで尖る帽子。 錵も付き地刃共に明るい。

相伝の上位で素直に南北朝期だと見たい。
おそらくウブ無銘だと思うがどこにしようか・・。
一尺前後の平身で素剣、梵字、護摩箸の貞宗スタイルは南北朝期、北から南まで各地の相伝刀工が造っているので・・・。
おそらく無銘ならば高木に極まって居るのではなかろうか。

 高木貞宗、左吉貞、一応信国(南北)も足して入札。


五号 短刀

両刃。重ね厚。小ぶり。

小ぶりの両刃は初期でしたっけ?そうですよね。

 勝光。与三にも少し小さく重ねの厚いのが有るのでそれも入れて入札。


 通り
 当
 然
 当
 然

一号 太刀 備州住親次(備後) 正平七年二月日(重刀)
二号 太刀 藤島友重
三号 脇指 貞清(保昌)(重刀)
四号 短刀 無銘 高木貞宗(重刀)
五号 短刀 備前宗光

画像



記事へトラックバック / コメント


大太刀研磨

2013/01/19 01:58
二尺九寸弱、大太刀研磨
大変柔らかい鉄。
所謂重文級などは分かりませんが一般に見る古刀期の大太刀には大変柔らかい鉄の物が多いように思います。
どの程度の柔らかさかと言うと、例えばアルミの平角棒と打ち合えば結構大きく刃が潰れるのではないか…、こういう柔らかさです。
鉄で言うとちょうど針金位でしょう。
実戦で長い物を使うとなるとこの位柔らかくなければいけなかったと言う事なのでしょうか…。
しかし、大摺上無銘とされる刀が大量に存在しますがここまで柔らかい刀は少ない。
余程の名刀が多く摺上げられたのか、そもそもその中に実はウブに近い物が多数含まれるのか…。
また、以前青江か古三原の三尺のウブの太刀を薄錆身で拝見しましたが、これなどは多く現存する大摺上無銘の原型で有ると素直に納得出来た。この手の大太刀はそこまて柔らかい鉄ではなく、通常の大摺上無銘同様の質。
様々な事を検証する上でも三尺近い古刀期の大太刀が摺上げられずに残っていると言う事は誠に貴重な事なのですね。

記事へトラックバック / コメント


また砥石ですが

2013/01/18 00:25
本日は曇り系のコッパを10キロほど買ってみました。
画像

通常はこれほど見た目の悪い石は手を出す人も多くは有りません・・。
それに一切使用不能な層と、非常に狭い面積だがなんとか使用可能な層が数ミリづづ交互に重なるタイプの石で、しかもタガネを入れても層に沿って割れる事は有りません。 
しかしこの手の割れない石にもの凄い性能を見る事が有るのでついつい手を出してしまいます。
先ほど短刀のハバキほどの大きさの物を十数枚磨りましたが、これは良い予感。
いつも使う弾力ゼロタイプの刃艶とは別方を向く性質。 
過去にこの手で良質な物に当り、今でも大切に使っています。
未経験の山。 天然砥はおもしろい。
記事へトラックバック / コメント


イカの

2013/01/17 01:26
そうそう、イカのテレビ見ました?
NHKスペシャル 「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」
以前から楽しみにしていました。

放送後、視聴率も大変高く話題になっていますね。
やっぱりこう言うの好きなんですね皆さんも。

しかし何に予算がおりるか分からんもんやなぁ・・・って思いました。
もの凄いお金かかっていますよね。
これくらいお金を掛ければ人造内曇砥も作れるでしょ。 
無理?!
記事へトラックバック / コメント


人造と天然と

2013/01/15 20:50
今日は砥石の窯元さんへ。

画像

砥石を焼成する窯。 

画像

窯の中にはこの様な状態に砥石が並んでいます。
この石は焼成後の完成品です。
工業用から刀剣用まで様々な砥石が焼かれています。


帰りに天然砥石屋さんへ。
十年ぶりくらいに行く御店ですが、すでにご主人は亡くなられ奥様が御店に。
以前伺った時、どこかの山の巣板っぽい石を20本ほど購入させて頂きました。
それ系の石の在庫はすでに有りませんが様々な天然砥を見せて頂きました。
全て試し研ぎ可と言う事なのでまた伺います。

天正拵え拝見。
古後藤の小柄笄。 上手の古金工の鐔。
美しい拵え。 
記事へトラックバック / コメント


それぞれの

2013/01/14 23:28
本日は様々な分野のプロフェッショナルの方々にお越し頂きお話を伺う事が出来ました。
私は何も知らない事を実感。 
しかも刀の事も。

ありがとうございました。



夕方から仕事。
これを使う。
画像

100均らしいのですが貰い物。 100均バンザイ。
みんな当り前に使ってるみたいですが私は初めて使いました。
なんて良い道具なんでしょう。
今までの私の握力を返して・・。
記事へトラックバック / コメント


中山中心に

2013/01/10 23:44
とりあえず地艶が欲しく今日は中山系が多く入った雑多なコッパを20キロ買う。
画像

しかし雑多過ぎて選別の道程は険しいか。
もしも良い石が有ってもそれ一つで終わりの可能性が高い。
一番多く有る同種の戸前と浅黄が良質ならばこの木っ端は”当り”。
記事へトラックバック / コメント


艶を探す

2013/01/10 00:43
しばらくの間、地艶を探す事を怠って居たため研磨中の刀にベストな物が無く、本日は 艶探し。
画像

とりあえず研ぎ台の下に収納していた地艶の中から、経験上良さそうな石と過去に仕様経験が無いタイプの石等を出して試す。

以前、”良”と区分していた砥石の一つ。
しかし今使うとどうにも具合が悪い。
画像

現物ではそう感じませんが結構粒っぽい。

この砥石の200倍画像。
画像

普通に使用出来る刀も有るが今日の刀にはどうしてもヒケが入り使用出来ず。
こういう黒い粒が当るのか?

結局色ムラの無い砥石に落ち付いた。200倍画像
画像

砥石は見た目だけでの良否判断は危険ですが、結局見た目の精美な物が無難か。
今日の成果はこの石を見つけた事。
画像

記事へトラックバック / コメント


大小押形完成

2013/01/07 09:54
昨年のうちに全部描き上げる予定だったのですがずれ込んでいました。
大小押形完成いたしました。
画像
記事へトラックバック / コメント


世界遺産

2013/01/05 01:21
和食を世界遺産にというプロジェクトが動いている事を度々テレビで見ますが、日本の刀はダメなのでしょうか。
色んな力が働かないとダメですよね…。
じゃぁダメだ。
記事へトラックバック / コメント


戦国刀匠譚【Sengoku Tousyou Tan】

2013/01/02 01:17
「戦国刀匠譚」を拝読中です。

刀を好きになる人の、刀の世界への入り方は色々あります。
戦国武将や幕末史がお好きな方、時代劇や時代小説などから、博物館・美術館で刀を見た事から、たまたま家に刀が有った、ナイフから、アニメやゲームから・・・などなど。

最初の入り方は様々ですが、最終的には刀に敬意を払える人になるべきと思います。
そうすれば無闇に抜く様な事は絶対に無い。
「刀に敬意を払う」とは単に刀を大切にすると言う事ではない。
全てを大切に思う事が出来ると言う事。
色々な道に通じますね。

数万円から刀が買えてしまう時代です。
深遠な刀の世界。
私も当然理解が及んでいる訳では有りませんが、軽く入って来られた方も(値段にかかわらず)、この本に有る様な内容に少しでも触れて頂ければと思います。
入手し難いかも知れませんが機会が有れば是非手にしてみて下さい。
記事へトラックバック / コメント


新年

2013/01/01 23:29
謹んで新年のお慶びを申し上げます

画像

いつもHPをご覧頂きまして誠にありがとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます
記事へトラックバック / コメント


<<  2013年1月のブログ記事  >> 

トップへ

京都 刀剣研磨 2013年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる