アクセスカウンタ

<<  2013年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ひろし

2013/11/26 00:43
今日も仕事頑張ったので大好きなひろしでも聴きます。
画像
記事へトラックバック / コメント


砥石が重石

2013/11/24 02:12
上の子の習い事に送って行き、少し時間があいたので娘と知恩院へ。
画像

それにしてもこの時期の京都は人と車で凄いことになってしまいます。
まぁ私は人ごみが好きですので楽しいのですが。
画像


祇園花見小路あたりに車を止めたので歩いていると町屋の軒下で何かを押える重石に天然砥石が置かれていました。
手引きの鋸目が付く古い石でした。
画像
記事へトラックバック / コメント


カニを

2013/11/21 01:46
しかし冷えますなぁ。
カニでも食べながら、かなり早めの忘年会でもやりたい気分です。


今夜は備前物の艶。
下地に入る前の数日間、艶と拭いの組み合わせを検討し決定していたのだが、先日拝見した来物の熟し(こなし)が忘れられず、正直迷う。
明日最終的な決定をし、最後は以前頂戴した高見刀匠の鉄肌に頼る。



記事へトラックバック / コメント


京都刀剣入札鑑定会

2013/11/18 00:35
一号 刀

肥前刀。 反り浅。 直刃。
平均より浅いタイプの反りだと思う。

 近江大掾忠廣と入札。


二号 脇指

平身。 幅広、よく反り重ね大変厚い。
樋梵字樋。 樋中素剣。
美濃刃。 頭に錵凝り砂流し。
非常に迫力の有る刀。  伊賀金か越中かだと思う。

 越中守正俊と入札。


三号 脇指

平身。 簾刃。地に黒い錵が多数。

 丹波守吉道と入札。


四号 刀

柾目。直刃。
二代だと思う。

 山城守國包と入札。


五号 短刀

多分見た事が有ると思う。 
七寸台か。 細いタイプの短刀。
内反り。  互の目で山を下る角度が急。 頭錵る。返り深め。 肌は少し大きい。
祐定だったか勝光だったか。 

 長船宗光と入札。


 当
 然
 当
 当
 イヤ


五号は100%長船だと思っていたので驚いた。
廣賀でもないし島田でもないし山城の末でもないし・・・。
全く分からなくなっていたら関だと聞きました。
1ミリも思い浮かんで居なかった。

 関兼定と入札。


 当
 然
 当
 当
 当


一号 刀  肥前刀国住近江大掾藤原忠廣 (重要刀剣)

二号 脇指 伊賀守金道 (重要刀剣)

三号 脇指 丹波守吉道 (大阪丹波)

四号 刀  山城守藤原國包(二代)

五号 短刀 兼常


二号金道は出来も研ぎも良く大変勉強になった。 おそらく重刀だと思い、新刀脇指の重刀を拝見する機会はそう多くないので経験値を上げる機会と、出来るだけ長く鑑賞した。
五号は兼常でした。思い出しました。兼常さん、こんなにスカッとして居たのですね。 以前鑑定に出た時の記事をみるとちゃんと”兼房乱れ風”と見ているのに、今回は一切気が付きませんでした。
24年3月入札鑑定
考えてみれば、美濃短刀は何十振り研磨させて頂いたか分かりませんが、細いタイプの美濃短刀の研磨経験が殆どない。 常に見る棟寄りに樋が入り少し幅の有る平身が大多数です。 細身の美濃を覚えないといけない。
画像



記事へトラックバック / コメント


画像データを

2013/11/17 01:29
最近も色々と御刀を拝見させて頂く事が出来ましたが、とりわけ心に残るのが、研ぎ場で拝見した来派の極めが付く大磨上無銘刀。
研磨は優しく抑えしっとりと上げ、青白い地鉄。
精美だが地錵が微塵に付き、肌目は研ぎで抑えても刀のよさは溢れ出ている。
尋常でなく冴えた直刃。 
 
これだけ優しく研ぎ上げられているのに、この冴えが出るのか・・・と感動すら覚える。
作域が広いとされて居る刀工ではありますが、首をかしげる位の品に対する極めも散見する中、今回の様な御刀に出会うと嬉しくなってしまいます。
やはりこの極めに対する出来はこうでなくてはと。

画像

原本は手元に無いがPCにデータが残っている大刀の全身押形画像データを出力しにコピー屋さんへ。
ちょっと必要に成ったのですが、すでにデータも残っていない全身押形も多い中、これだけでも残っていて良かった。
こうして紙にしてみると、原本の繊細な部分は全部飛んでしまいますが、同じ様に粗も飛んでくれて相殺です。
私のは粗が飛ぶ分が多いのでコピーの勝ち。
記事へトラックバック / コメント


刀絵図を

2013/11/11 00:35
画像

描く。
みっちり10時間以上費やしたがちゃんと描けたのは僅か1寸ほど。

刀絵図の強烈に上手い方がブログで画像を公開されていて、PCに取り込んだ絵図を見て勉強する。
今回描く時も画像を見てテクニックを真似しながら行ったのですが、どこが違うかすらつかめず、完成した物はただただ次元違いの仕上がり。
公開されている押形は墨書きタイプで刀剣史上最高レベルの押形の数々だと思う。
前例が無い水準にまで引き上げる事が出来る人は本当に凄い。
記事へトラックバック / コメント


康光

2013/11/06 00:47
研磨記録 古刀 備前国に「康光 寸延び短刀」を追加致しました。
画像
記事へトラックバック / コメント


今日は掃除

2013/11/03 22:36
仕上げ用の台をどかしてスペースを作った。
三尺の全身押形でも楽々だ。 
こうなるともう仕上げ台は無しで行きたいが、床が傷むかねぇ。
画像


画像

アルカンサス地艶。
記事へトラックバック / コメント


<<  2013年11月のブログ記事  >> 

トップへ

京都 刀剣研磨 2013年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる