アクセスカウンタ

<<  2014年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


今年は

2014/03/18 10:32
今年の刀文協の新作日本刀・刀職技術展覧会は入選作品以上全作展示と聞きました。
日頃の仕事振りを広く一般の方々に見て頂くよい機会となりそうです。


記事へトラックバック / コメント


京都 刀剣入札鑑定会 

2014/03/17 00:48
一号 刀

板目。 少し肌立つもこれは研ぎの具合によるものだと思う。 鎬高く柾。
刃中に柾気の働きが顕著。 中鋒、さかんに掃き掛け僅かに返る帽子。

大磨上無銘とみる。 南北に見え、相伝と大和伝が複合する出来。 大和志津と入札。


二号 短刀

身幅若干細め(元来の)でフクラ枯れ鋭い姿。 重ね厚。 先反る。
地よく詰み細かに錵る。 
直刃調に湾れ。刃中働き豊富で冴える。
護摩箸、素剣、梵字。 彫り口繊細で締る。

大変よい短刀。 誰でしょう。
反り、ふくら枯れるが左文字ではない。
来でもない。 粟田口でもない。 新藤五とも違う。 貞宗でもない。 もちろん備前は全て違う。

分からないので左安吉と入札。


三号 刀

備前。 元先に幅の開きが有る。 応永杢。映る。 大変上手な研ぎ。

刃の色が寛正則光に見える。 
以前拝見し、則光と見てしまったが応永だった刀か、素直に則光だったか・・。 寛正則光と入札。


四号 脇指

本造り。 尺一、二寸ほどか。 よく反る。
広直刃に腰刃。 下に梵字、上に樋。

古刀でこの造り込みは普通はない。

五号 短刀

ふくら枯れ、小さい。 草倶利伽羅。 皆焼。

本日の出題者さんが当番の時、難しい刀が出たらこれに入れようと決めて居る。
四、くらま吉次 五、くらま吉次 と入札。


 当
 イヤ
 国入
 当
 同然


二号、現存在銘6振りしかないと聞こえて来ました。 ん〜、こりゃますますややこしくなって来てしまった。
詰む肌ですが、刃の出来が凄いので、行光と入札。
三号、あぁ応永ですか。 康光と入札。

 当
 イヤ
 同然
 当
 同然

二号、山城で国入りと聞きました。 絶対に来ではないので、粟田口なんでしょうか。 素直に信国と見るべきか・・。
天正だと聞こえて来ました。 あれまぁなんと。 
埋忠明寿と入札。

 当 
 当
 同然
 当
 同然


一号 刀 大和志津

二号 短刀 城州埋忠作 天正十八年十一月日(特別重要刀剣)

三号 刀 備前国住長船盛光作 応永二年八月吉日 天正九年上摺之也

四号 脇指 吉次

五号 短刀 鞍馬住重次 永正五年二月日


以前、薄錆びで出てきた慶長の埋忠短刀を拝見し、問われたので初代信国ですか?と答えた事があったが、今思えば本日の御品と作風が近似している。 http://kyoto-katana.at.webry.info/201304/article_6.html
特重図譜解説に、[「城州埋忠作」銘の作刀で、現存するものは文禄二年十二月日の年紀のある槍十本(上杉神社蔵)と、それ以外は6口の短刀に限られている] とあります。

画像




記事へトラックバック / コメント


五条國永

2014/03/12 01:46
研磨記録古刀山城国に五条國永を追加。

画像
記事へトラックバック / コメント


白蔵主

2014/03/11 00:54
昔から伝わるお話には色々な教訓や戒めが込められている。
はっきりと分かり易い物も有れば受取り方により、いかようにも取れる物も。
最近はテレビ向きのキャラクターの方がワイドショーやネットニュースを賑わしている。

本日は大変お世話になっている先生より素敵な画題の墨絵を頂戴した。
記事へトラックバック / コメント


はりきる

2014/03/07 00:44
画像

針切った。
拭いの方は張り切ったがダメだった。
記事へトラックバック / コメント


古い

2014/03/04 23:42
本日は大変古いお品を拝見。
古雅で大変好み。
在銘誠に貴重。 
記事へトラックバック / コメント


名刀

2014/03/02 00:04
今夜はしばらくお会い出来ていなかった方から楽しいお話を沢山お聞きした。
昔、コーラを毎日20本飲んでいたお話(それでも糖尿の気は一切無し)、焼き魚にはひたひたに成る程醤油を掛けるお話など。 沢山笑った。 若い者に楽しいお話が出来る人に憧れる。

昨日は来国次と粟田口を拝見。 いずれも刀。
国次は身幅平肉ともにたっぷりとあり誠に健全。 中ほどから先に掛けても反りを持つ。
磨上の茎は短い。  所謂片手打ちの姿に仕立てたか。
なんとも力強い。  磨上当時の拵えはどんなに素晴らしかったかと想像する。
粟田口の長いものは久々の拝見。
こんなにも素晴らしいものですか・・・。 
ずっと溜め息でした。  こういう刀に憧れる。





記事へトラックバック / コメント


<<  2014年3月のブログ記事  >> 

トップへ

京都 刀剣研磨 2014年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる