京都 刀剣研磨

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都刀剣入札鑑定

<<   作成日時 : 2014/05/19 14:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

一号 刀
少し短い優しい姿。 鎬高めで重ね程よく有る。 先に重心を感じる。茎が小さいか。
詰む。美濃伝系の匂い出来の刃で所々に明るく錵る上の層刃を交える。

初代金道や出羽の雰囲気を感じるが、いつもの深い刃では無い親國にこの手の造り込みが有ると思う。
親國の薄く小さい茎も見えた気がする。  親國貞と入札。


二号 刀
寛文姿。 大板目流れ柾掛かる。 逆丁子で(頭上方向へ)鎬を大きく超える刃。ズブ焼きと思う。映る。

分からん。 確実にイヤだが、そぼろ助廣と入札。


三号 刀
腰も先も反る。 少し細く少し薄い。 肌立つ肌。 互の目。 地蔵風。

美濃でよいと思う。 分からないのでとりあえずノサダ以外の兼定と言う事で関兼定と入札。


四号 短刀
小さめ。重ね薄。反る。皆焼。匂い出来。腰樋。

いつか分かりませんが、昔出た事がある箕戸だと思う。 簾戸(箕戸)国次と入札。


五号 短刀
無反り、全て尋常で新刀姿。 
ピカール肌でよく分からないが肌立つ。
美濃系の様な刃。

関兼道と入札。


 当たり
 イヤ
 当たり
 当たり
 イヤ


二号は石堂でも無いと思う。 なんだか見た事の有る刃だが分からない。
確実にイヤだが紀州為康と入札。

五号 分からないので賀州家忠と入札。

 当たり
 イヤ
 当たり
 当たり
 イヤ

二号は分からないので終わった方にリサーチを・・。
親方は変わった人。 姿は完全に江戸。 親方は元々刀鍛冶じゃない。 石堂じゃない。 関西ではあまり見ないが関東ではまま見る刀でなかなかの人気。 など教えてもらった。
私は殆ど知らない刀ですがこの系統だと思う。 大村加卜と入札。

五号、判者さんにヒントを聞きに行ったら当たらない刀と教えてもらう。 堀川に縁有りだそう。
縁有りを考えるのが大変なので昔研いだ事がある、堀川國武と入札。

 当たり
 同然
 当たり
 当たり
 縁あり


一号 刀 和泉守藤原国貞

二号 刀 武蔵太郎安国作 真十五枚甲伏作

三号 刀 無銘(関兼定)

四号 短刀 国次(箕戸)

五号 短刀 摂州住国平(真改門)

画像

 

月別リンク

京都刀剣入札鑑定 京都 刀剣研磨/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる