下鴨神社と粟田口

今日は結婚式に行かせていただきました。
下鴨神社での神前式。
私の郷里では慶弔の儀式は基本的に全て神式で行なわれるので神主さんの祝詞には馴染みがあるのですが、雅楽は京都に来てから度々接する程度です。  まことに荘厳でよいですね。 
いつも思いますが雅楽で使用する楽器やその他の和楽器も、意外と音が大きくて驚きます。 プロの演奏だからでしょうけど。
こう言う式では列席者も、何度も何度も立ったり座ったりと繰り返しさせられますが、この様な儀式は簡略化されず伝えられて欲しいものだと感じました(現在の形がすでに削ぎ落とし切った物であり、長い歴史の中で十分簡略化されて来たのだとは思いますけど)
そして粟田口の粟田山荘へ移動して披露宴。
素敵な一日でした。
画像