入札鑑定

入札鑑定会。昨日は本部から講師がこられました。 1号 太刀 反る。 鋒は研ぎ崩れ延びる。 大肌で肌立つ。   大変よく沸える刃。 刃肌が非常に目立ち縁で止まらず刃先まで頻りに抜ける。 ハバキ上で焼き落とす。  帽子は研ぎ減り抜ける。  棟先二寸ほどがかなりうつむく。 少しだけ古備前や古青江風ですが沸えばかり明るく匂い部分は沈みます。結果総体に沈む刃。  …

続きを読む