刀の硬軟

ブログ中、入札鑑定の事などでもそうですが「硬そうな鉄」「柔らかそうな刃」など硬軟に関する内容がありますが、意味が分からないと言う事を聞きました。 なるほど、硬そうに見える、柔らかそうに見える、と言う事は毎日研磨して居る研師だからこそ分かる事で普通に鑑賞して居る方の目にはそう言うふうには見えていない事もあるわけですね。 例えば丁子や互の目などの乱れる刃文で焼き頭(焼きが高い部分)がポコポコ…

続きを読む

平成23年9月18日 刀剣入札鑑定

もしかしてまた連休ですか。 連休って昔からありましたっけ。 こんなに。  年齢を重ねるごとに増える気がするのか3,40代だから多く感じるのかそれとも人によるのか。 夏に近所の田んぼで”どじょう”を10匹ほどとってきて飼ってます。 以前から飼ってる一匹金魚は未だ元気で大きく育っています。(いつも遊びに来ていただくお客様などは「おぉ~元気かぁ」と言う感じで餌をあげてくれています。金魚すく…

続きを読む

当時のままだった

最近、某太刀のハバキ下の部分研磨を行なった。 表裏刃区に黒錆、鎬地の太刀鎺が触れる部分に白錆。 研ぎ減りを避ける為、超局所的研磨にとどめた。 先ほどその太刀が載っている本を見てみようと開いてみて驚いた。 昭和29年の本ですが、部分研磨作業時と全く同じ錆び状態。 てっきりここ10~20年くらいの錆だと思っていましたが、60年ほど前の写真ですでにその錆状態だったのですね。…

続きを読む

芹沢鴨

以前、幕末当時京都東町奉行所の役人であった家から出た刀(10振り)の研磨依頼がありました。 発見時、鍵の壊れた古い刀箪笥に眠っており鍵を壊して取り出したそうです。 その中に、家紋を揃えた大小と短刀が有りました。 紋は丸に扇。 同時に陣笠も発見されており、その紋も同じ丸に扇です。 しかしこの家紋は発見宅の紋では無いとの事。 大小の中身は中河内と親国貞。 その他に井上真改(国貞銘)、出羽大…

続きを読む

新作刀は

名古屋で仕事を済ませてから東京へ。 本日(10日)は「現代刀鑑賞会」の日でした。 どうしても参加させて頂きたく、多くの新作刀を手に取って拝見したく、時間的に無理も有ったのですがとにかく東京へ・・・。 私は研師ですので御刀を拝見すると研磨に関し色々思うわけです。 本日拝見した御刀を研磨した研師の多くがよく似た気持ちで研磨にあたったのではないか・・?! と感じました。 展示…

続きを読む

銘切れ

もしかしたらHP左メニュー増えたので「備前国住長船与三左衛門尉祐」と銘切れみたいになってますか・・?! こちらも改善まで少しお待ち下さい。

続きを読む

研磨工程ブログ版(暫定)

休憩中に「研磨工程ブログ版」として新メニュー追加作業をしましたが、ブラウザの戻るボタンで戻った時に前ページのクリック位置に戻れずページの最上部に戻ってしまうなど不具合多数。 改善までご不便をお掛け致します。 とりあえずリンクは生きています。

続きを読む